2016年07月02日

22歳ご長寿ねこ みゃぶすけ君が天国に行ってしまった(T_T)

みゃぶすけ君が6月24日0時30分頃に天国に行ってしまいました。
何十年ぶりにしゃくり上げるように泣き続けてしまいました。
1週間みゃぶすけ君との思い出の中に居続けました。

みゃぶすけ君


亡くなる3日位前から、目がトロンとしてシャキンとしなくなり、目を開けたも直ぐに寝てしまう。
ご飯もほとんど食べない。体に力が入ってない感じになってきました。
そろそろお迎えが近いなと・・・
甘えんぼで抱っこだけは求めてくるので出来るだけ抱いていてあげました。
亡くなる少し前に、やりたいことがあったので2時間位自分の部屋に居ました。
そしてみゃぶすけの所に戻ってきたら、何か「ん、んっ」って言うので急いで抱き上げると息がか細い。
お迎えが来た!みゃぶちゃん!みゃぶちゃん!必死に声をかけた。
ちょうど母がお風呂から出てきた!
みゃぶすけ君がしがみついてきた。「ん、んっ」って体に力が入った。そして、力が抜けていった。
私と母が戻ってくるのを待っててくれた。そして私の腕の中で天国に旅立っていった。

このままずっとみゃぶすけ君を抱いていたいけど現実が待っている。
悲しいことに、悲しみにふけってはいられない。
今日は仕事。でも金曜日なので翌日はお休み。
1日まって土曜日に火葬してもらえるところを大至急で探す事にした。
条件は、立ち合い葬で宗教的な葬儀はしない。火葬だけしてもらえて、骨を拾って自宅に持ち帰ることが出来ること。
そして、条件にあうペット霊苑場を見つけ、朝いちばんで問い合わせをしたら、翌日12時30分から予約が出来ました。
予約が取れてホッとしたのと、みゃぶすけが居なくなったことがまだ受け入れられなくて、会社で1日中大泣きしてました。

名古屋市にお住まいの方で同じような条件のペット霊苑を探すことになった方の為に紹介しておきます。

「ペット霊苑 メモリアルホール尾張旭の里」
http://www.lead-trunk.sakura.ne.jp/memorial/index.html

火葬の前に10分位お別れ式が出来ました。お経などは流さないようにお願いして、時間までずっと抱いていました。
霊苑内にある火葬炉までお見送りし、骨になったみゃぶすけ君を小さな骨まで全部綺麗に自宅に連れて帰ることが出来ました。
8月に妹たちが来た時に一緒に庭に埋めてあげる予定です。
料金は税抜¥30,000 骨壺4寸+袋 税抜¥2,000 でした。

みゃぶすけ君が居ないのがまだ信じられません。ぴょこんと飛び出してきそうな気がします。
みゃぶすけ君にどれだけ癒されていたか・・・
みゃぶすけのピュアな瞳が私を幸せのオーラで包んでくれていた。
みゃぶすけ君、長生きしてくれてありがとう!幸せをいっぱいくれてありがとう!
天国で兄弟仲良く幸せに暮らしてね(=^・^=)

夢に出てきてくれるみゃぶすけ君は家に来たばかりの頃の子猫になってます。
兄弟で元気にじゃれ合って走り回ってます。それをお母さん猫が優しく見守ってます
あ、お父さん猫は一度も出てこないな(笑)

みゃぶすけ.jpg


みゃぶすけ君、会いたいなぁ・・・抱きしめたいな・・・涙が止まらない・・・


posted by こでまり at 22:58| Comment(0) | ご長寿ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。